スタッフブログ/お知らせ

スタッフブログ/お知らせ

ホーム > スタッフブログ > ウェディングケーキにかける想い

スタッフブログ : 詳細記事

ウェディングケーキにかける想い

” ウェディングケーキ “

 

いまやそれはブライダル業界では主流ともいわれる存在とも

言えるのではないでしょうか。

 

「高さが高いケーキを夢見ていたんです!」

「この色合いで、このキャラクターをのせて…!」

「フルーツはこれを使いたいなぁ…」

 

100組のカップルがいれば100通りの想いがある様に

それはウェディングケーキも同じ。

 

ある1組のカップルの初めての打ち合わせのとき

“ ウェディングケーキは全てにおいて私の妹に託します・・・”

それが新婦様の第一声だったのです

 

話によると、新婦様の妹様は

新郎新婦様のお付き合いが始まってから

「二人の結婚式のウェディングケーキは私が作るからね!」

その日から、県外の専門学校へと入学され、厳しい毎日に

辞めたい・・・と思う日も、お姉様と彼のために

パティシエとしての道をあきらめず、ずっと頑張ってこられたそうです

 

ウェディングケーキの打ち合わせのときは、いつも遠い広島から

会場まで足を運んで下さり

お会いするたびに、「大好きなお姉ちゃんと将来のお兄ちゃんのためなので不安だけど

頑張ります!」

そう言って、満面の笑みを浮かべる妹様の姿は

今でも鮮明に記憶するほど、輝いてて

その眼差しは本当にかっこよかったのです

 

ウェディングケーキのテーマは、新郎が新婦へ

プロポーズをした時の赤いバラ。

飴細工を使って、創ったバラの花束は

とても繊細なもので、細かく、色鮮やかで

作品と呼べる素晴らしいものでした

 

当日、ウェディングケーキが登場したときは

まだ未完成の状態でした

ケーキの完成はお姉ちゃんと彼にしてほしい・・・

それが妹様の願いでした。

 

披露宴がスタートしてから、お2人のメインテーブルの

中央にずっと飾ってあった一輪の赤いバラの飴細工。

そのバラをお2人がウェディングケーキの一番上に

飾ることによってお2人のウェディングケーキが完成となりました

 

そして、ケーキにナイフが入った、その瞬間

妹様の目からはたくさんの涙が溢れました

ずっとずっと、今日この瞬間を夢に見て

沢山の経験と知識を積み重ね、大好きなお姉ちゃん、彼のために

頑張ってこられました

 

大切だと思える人のために長い年月をかけ

頑張ってきた日々と涙の証は、きっと何にも代えがたいものです

 

誰かのために何かをしてあげたい。

その想いは、行動にしなければ目にはみえません

 

その想いの大きさはだれが見ても

大きく伝わるものでした

 

夢に見てきた瞬間を叶えた時、会場中が大きな感動に包まれたのです

 

 

頑張ってこられた姿を見てきた新婦様も

大きく両手を広げ妹様を抱きしめられました

 

 

“ 結婚式は誕生日 ”

 

 

結婚式は、カップルが家族という存在になる一日でもありますが

違う意味で、新たな家族の絆を誕生させる一日でもあるのです

 

きっと、この日は新婦様の妹様にとって

これからプロとして歩んで行く

糧となる一日となったことでしょう

 

この先も、たくさんの方を笑顔にする

素敵なケーキを残し続けられるのだと思います

 

職業は違えと言えども 人を感動させたい!喜ばせたい!

その想いに私自身も感動をさせられ、とても勉強させて頂く一日となりました

 

これからも、最高の笑顔で頑張ってくださいね!

 

32

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブライダルフェア開催中
試食会や模擬挙式が体験できる「フェア」も開催しております。 お気軽にご参加ください。
詳しいイベント予定はこちら
ご見学・ご相談
いつでもご見学・ご相談を承っております。お気軽にお尋ねください。
見学のご予約・ご相談はこちら