スタッフブログ/お知らせ

スタッフブログ/お知らせ

ホーム > スタッフブログ > 秘密の想い出

スタッフブログ : 詳細記事

秘密の想い出

 

先日、ひさしぶりに出向いた祖母の家―。

 

両親が、共働きの我が家はいつも学校から帰ると

祖母が私たちの帰りを待っていてくれた。

 

祖父は昔から厳しい人で、母にとっては“怖い父親”の印象が強かったようだが、

孫の私たちにはめっぽう甘い祖父だった。

 

笑顔でいつも優しい祖父の膝の上は、私だけの特等席。

 

私にとって祖父母の存在はすべてのものから自分を守ってくれる

“温かくてなんだか柔らかい”そんな存在だった。

 

 

そんな大切な祖父が亡くなり、祖母が1人となった。

 

大人になっていろいろと自分でやりたいことができた私は

自然と祖母会いに行く回数が減っていった。

 

 

 

あまり顔を出さなくなった私が、

ひさしぶりに祖母に会いに行く。

 

祖母の目にはうっすら涙が浮かんでいた。

『元気しとったか?…仕事頑張っとるんか?』

 

 

 

私は何かに悩んだ時、辛い時、

なぜか祖母の家に行く。

 

祖父の仏壇の写真に向かい、祖母と何気ない会話をしてテレビを見る。

何をするわけでもなく、ほっとする場所だからだ。

 

 

裏口の玄関を抜けると広がる田んぼ道。

burogu

 

小さい頃から祖父母と一緒に田植えをして、稲刈りをして

 

お昼には、道に座ってお漬物とおにぎりを“美味しいね”と一緒に食べる。

 

 

 

そんな思い出が詰まったこの田んぼ道は、なぜか特別で

大嫌いなはずの、近くで鳴く蛙の声も、川で静かに過ごすタニシの姿にも

 

 

 

昔を思い出し心が急にふっと軽くなる。

 

 

 

きっと別の誰かからすると普通なこの田んぼ道が、私にとってはなぜか特別な景色にいつも感じる場所。

 

一人静かに歩く、ただそれだけで涙が出そうなほどに愛おしく懐かしい、

私だけの大切な想い出の場所はこの田んぼ道なのだ。

 

 

 

 

【結婚式を一緒に創るためにいろいろなお話を聞かせて下さい】

 

 

それは、あなただけが知る心の中にある大切なもの。

 

 

小さな小さな遠い記憶、

でも大切でかけがえのない記憶・・・。

 

 

結婚式という1日は、

その日1日を終えた後でも思いだすだけでなんだか心が温かくなる特別な1日。

 

それは小さい頃に感じたかけがえのない特別な想い出と同じ、

 

“温かくて優しい”そんな1日。

 

 

きっと私が結婚する時には、

祖母は涙目になりながらこう言うだろう。

 

『幸せになってね』 と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブライダルフェア開催中
試食会や模擬挙式が体験できる「フェア」も開催しております。 お気軽にご参加ください。
詳しいイベント予定はこちら
ご見学・ご相談
いつでもご見学・ご相談を承っております。お気軽にお尋ねください。
見学のご予約・ご相談はこちら