スタッフブログ/お知らせ

スタッフブログ/お知らせ

ホーム > スタッフブログ > 幸せの言い伝え

スタッフブログ : 詳細記事

幸せの言い伝え

こんにちは。大谷です♪

 

梅雨の時期だからこそ晴れた日がより一層清々しく感じられますね!!

 

 

八幡さんが『サムシングフォー』を紹介していたので

今回は、『サムシングフォー』という幸せの言い伝えにちなんで

結婚式にまつわる色々な幸せの言い伝えを紹介したいと思います!!

 

☆6ペンスコイン

花嫁の左足の靴の中に1枚忍ばせると「二人はいつまでも豊かに暮らせる」

というイギリスに伝わるお金に不自由しないおまじないです。

 

☆ウェディングマイス

花婿・花嫁の衣装を着た小さなねずみの人形です。

欧米では、生涯同じパートナーと暮らし、子だくさんの ねずみが、

幸福な家庭の象徴とされ、子孫繁栄を意味しています。

 

☆シンブル(指抜き)

西洋では結婚する時に裁縫道具を身につけると幸せになれるという言い伝えがあります。

母親が裁縫道具に指ぬきを入れ贈り、娘の幸せを願うそうです。

 

☆ホースシュー

馬の蹄鉄は、古くから欧州で「魔除け」や幸福を呼ぶ「お守り」とする風潮が伝承され続けています。

結婚式では花嫁が無事に教会まで行けるように「魔除け」として玄関に飾りました。

上があいているU字型なのでラッキーが転がり込み、窪みで幸せを受け止めるといわれています。

 

☆ウッドスプーン

ヨーロッパでは、木で作ったスプーンを新居のキッチンに飾っておくと料理が上手になり、

幸せな結婚生活を約束してくれるといわれています。

また、スプーンは豊穣の証とされ一生食べることに困らないという願いも込められているそうです。

 

☆ねこのくしゃみ

結婚式の朝、花嫁の近くでネコがくしゃみをすると幸せになれる。

という言い伝えが、ギリシャ・ローマにはあります。

くしゃみは、おめでたい挨拶の印であり、ネコはビーナスの代弁者であるという理解から

「ネコのくしゃみは女神に祝福された」ことを意味するようになったのです。

 

☆幸せの黒い猫

結婚式の日に、式場に行く途中で「黒い猫」に出会う事は、幸せの象徴といわれています。

「ハト」「羊」「クモ」に出会うことも、縁起のよいこととされています。

 

いかがでしたか?

幸せの言い伝えを結婚式にとりいれることはもちろん

自分たちの思い出の品を使って言い伝えになぞらえた演出を作るのも良いですよね☆(*´ω`*)

 

 

ブライダルフェア開催中
試食会や模擬挙式が体験できる「フェア」も開催しております。 お気軽にご参加ください。
詳しいイベント予定はこちら
ご見学・ご相談
いつでもご見学・ご相談を承っております。お気軽にお尋ねください。
見学のご予約・ご相談はこちら